顔のたるみ解消法

顔のたるみ(まぶたや目の下)等、たるみを解消する為の情報サイト

たるみ解消法!美肌・美顔イメージ

顔のたるみ

実年齢とは関係なく、老けたイメージを人に与えてしまう 「顔のたるみ」。たるみは早い人で20代半ばから始まりますが、「正しい姿勢で正しく筋肉を使い、表情を豊かに保つ努力」をすれば、顔のたるみを解消することができます。このサイトでは顔のたるみ(まぶたや目の下)等、たるみの解消法について紹介していきます。

顔を一気に老けさせる顔のたるみ!

たるみは顔を老けさせる!20代半ばから始まると言われる「たるみ」。とくに目尻、口もと、頬など顔のたるみは一気に顔を老けさせます。しかし、それを自然の流れだとあきらめたり努力を怠っていると、あっというまに実際の年齢より老けて見られてしまいます。かなり深いシワでも顔の相まで変えることはありませんが、たるみは顔の輪郭や、人相を大きく変えてしまいます。
逆三角形のほっそりした顔も、頬がゆるんで垂れてくると四角くなってしまったりして、同窓会で「あの人、どなた?誰だかわからない」なんて事にもなりかねません。「いつまでも若々しく、美しくありたい」女性なら誰もが持つ願望だと思いますが、その為にも「顔のたるみ」をしっかりと予防・解消しましょう。

目の下のたるみに要注意!

目の下のたるみに要注意!顔の中心部分である目の下に、たるみができてしまい、気になっている人は多いと思います。目の下のたるみは、年齢を感じさせてしまう大きな要素です。目の下のたるみの程度が強くなると、袋状にたるんで見えて余計に老けた印象や疲れた印象になってしまいます。目は顔の中心の位置にあるので、気付きにくいですが、かなり目立ってしまう場所なのです。目の下のたるみがあると実年齢よりも5歳~10歳も老けて見られることもあるので、注意が必要です。

「たるみ」20代半ばから始まります

たるみ解消には的確な運動が重要!「たるみ」はじつは、20代半ばから始まります。その原因は老化だけではありません。たるみやシワ、からだの不調といったものは、皮膚、筋膜、筋肉、姿勢や歩き方といった様々な要因がからまって生じます。
エステやマッサージなど、いくら他人の手で皮膚や筋肉をほぐしてもらっても、それは一時的な解消でしかありません。手術でたるみを取る方法もありますが、皮膚のたるみや筋肉の衰えに立ち向かうには、人の手だけに頼ってはいけません。自分で運動をしない限りは改善は望めず、間違った筋トレをいくら施しても効果はありません。まずはたるみやシワを引き起こす自分のからだのメカニズムを知り、そのうえで、正しい姿勢で的確な運動をすることが大切です。それがたるみを解消することにもつながっていきます。

スポンサードリンク

顔のたるみ解消の基本

正しい姿勢と豊かな表情がたるみの予防に!

正しい姿勢で表情を豊かに保つ。これが顔の筋肉の部分的な活動を防ぎ、循環をよくし、たるみやシワの予防になります。普段ほとんど使われることのない顔の筋肉を意識的に動かしてたるみとシワを解消しましょう。

顔の筋肉は使われにくい!

最近は様々な「顔の若返り体操」が人気を呼んでいます。その共通した考え方は、「顔(顔の筋肉)をよく動かすことが大切」ということです。私たちはふだん、無意識のうちにたくさんの筋肉を使っています。といっても、すべての筋肉が均等に使われているわけではなく、なかには使うように心がけないとずっと使われないままの筋肉もあります。筋肉はいつも伸縮させていれば、伸縮性に富んだゴムのようにもとの状態に戻ることができます。しかし、たるんだ状態のままにされると、もとの状態に戻る力を失ってしまいます。そしてそこに脂肪がたまり、たるみやシワができてしまいます。顔の筋肉は体のほかの部位に比べると、小さくて短いです。そして、じつはこうした小さな筋肉ほど使われる機会が少なく、使っていたとしても、かたよった使い方になっていることが非常に多いです。

顔の筋肉を意識的に動かしたるみを解消!

顔の筋肉を意識的に動かしたるみを解消!体は若々しいのに顔は年相応だという人がよくいますが、それは体に比べて顔の筋肉運動の機会が少ないためです。また、あごやまぶた、目の下などは皮下脂肪が厚いため、筋肉が衰えると支えきれなくなってしいます。意識的に動かさなければ次第に皮膚を支える筋力が衰えていき、肌をたるませてしまいます。よく笑ったりたくさんおしゃべりをするなど表情を豊かにし、筋肉をこまめに使うよう心がければ顔が若々しくなるというのは、このような理由があります。

ページの先頭へ