たるみ解消法!美肌・美顔イメージ

顔のたるみの種類とケアの方法

顔のたるみのには、たるみ毛穴・涙袋・法令線・二重あごといった種類があり、それぞれに効果的なケアの方法があります。

たるみ毛穴の特徴

若いうちは真皮にコラーゲンが十分にあり、毛穴をまわりから支えていますが、それが年齢とともにゆるむことで毛穴が開いてきます。これが、たるみ毛穴です。たるみの初期の症状だといえます。

たるみ毛穴の写真

たるみ毛穴のケア方法

ピーリング、レチノール、ビタミンC誘導体などが有効です。

涙袋の特徴

目もとが老化するにつれ、眼球のまわりの脂肪を支える下まぶたの皮膚がたるみ、ぷくっとふくらんでくるようになります。初期は「クマが目立ってきた」と感じる人が多いようです。これが進行するとポケットのような「涙袋」に変化します。

涙袋の写真

涙袋のケア方法

ピーリングやレチノール等、コラーゲンに働きかけるものを使います。

二重あごの特徴

太っていないのに二重あごになるのは、フェイスラインがたるんできた証拠です。頬からあごにかけての脂肪を皮膚が支えきれなくなって、二重あごになります。あごのシャープな線が失われてきたら要注意です。

二重あごの図解

二重あごのケア方法

コラーゲンを増やすスキンケアも必要ですが、皮膚が厚いのですくには改善しません。あごの筋肉を鍛えることが有効です。

法令線の特徴

法令線とはロの両側のシワ。ほかの表情ジワと違い、たるみによるものなので、無表情でいるときも消えません。加齢によりロもとの皮膚がたるみ、同時にほおの脂肪が下がってくることが原因です。

法令線の図解

法令線のケア方法

ほかのシワに比べて深いので、残念ながらシワ防止用の化粧品などで改善するのは難しいです。コラーゲン注入やヒアルロン酸注入で改善されます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ