たるみ解消法!美肌・美顔イメージ

姿勢とたるみの関係

姿勢の異常はたるみやシワの原因になってしまいます。正しい姿勢で正しく筋肉を使えれば、たるみやシワだけでなく、血流が良くなるためにからだの不調も防止でき、アンチエイジングにもつながっていきます。

姿勢の異常はたるみやシワの原因になる

ここでは、すべての運動の基本になる正しい姿勢について紹介していきます。人はいろいろな姿勢をとりますが、とりわけ、立っている姿勢と座っている姿勢は重要です。正しい姿勢を作るには、骨・関節・筋・筋膜・皮膚・結合組織の構造のほか、神経系の関与、疲労しているかどうか、ストレスがあるかどうか、性格や心理的状態、日常的なくせ、職場環境など多くの問題が関係してきます。
正しい姿勢とは、その姿勢を保つために必要な筋活動や工ネルギー消費が最小限でバランスがとれた状態であり、部分的に筋膜や筋肉が伸ばされたり、短くなっていない状態です。異常な姿勢では、筋肉が正しく動かせなくなり、筋膜や皮膚がよじれたりたるんだりしてしまいます。たとえば、悪い姿勢の代表である 「猫背」は肩こりを引き起こし、それによって僧帽筋(後頭部から背中にかけて広がっている筋肉)が硬くなると、筋膜でつながっている顔の表情筋が連動してうまく使えなくなり、たるみやシワの原因になってしまいます。

正しい姿勢の図解

正しい姿勢はアンチエイジングにもつながる!

自律神経の働きからいうと、背骨の上の方が丸まっていると喘息や狭心症に、背骨の中央あたりが丸まっていると胃下垂や胃酸過多(胸焼け)や十二指腸潰瘍に、腰が丸まっていると膀胱炎や便秘になりやすい傾向があるので注意が必要です。逆に、正しい姿勢で正しく筋肉を使えれば、たるみやシワだけでなく、血流が良くなるためにからだの不調も防止でき、さらにはアンチエイジング(抗加齢)にもつながっていきます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ