たるみ解消法!美肌・美顔イメージ

たるみとは?

たるみが起きるメカニズム

一般的に、たるみは20代後半あたりから徐々に表れてくるものです。加齢によって少しずつ皮膚のハリがなくなり、やがて目尻やまぶた、頬などが下がってきて、フェイスラインもゆるんできます。真皮では、主にコラーゲン線維とその間にある弾力線維とでネット状の構造を作っています。加齢や紫外線などの影響により、これらの線維が壊されたりちぎれたりすることで、弾力のない、ゆるんだ肌になってしまいます。この状態がさらに進むと、弱くなった線維ががついには伸びきったり固まったりして水分も減り、同時に筋肉の衰えも加わって、たるみにつながります。

真皮の構造図解

コラーゲンとエラスチンの働きは?

結合組織には主に、コラーゲンからなる膠原線維と、エラスチンからなる弾性線維という、からだを形作る大切な線維があります。サプリメントでもおなじみのコラーゲンは、からだに強度と形態を与えます。また、伸び縮みができるエラステンは、からだの形態を記憶しておく能力があります。コラーゲンとエラスチンは常に交錯して存在し、共同作業を行います。また、これらの役割は、いずれも姿勢と運動のコントロールにとって大切な要素になっています

たるみ防止には肌の活性化が重要!

たるみを防ぐには、何よりも肌の活性化が大切です。マッサージやパックなどで血行を促進し肌機能を改善させてください。化粧水でパッティングを行うのも、顔の筋肉を鍛えるのも効果的です。口角を上げるように、フェイスエクササイズを心がけましょう。

化粧品とホームケア用品上手に使う

メイクアップ製品のなかにも、下地クリームやフェイスパウダーなど、リフトアップ効果を発揮するアイテムがいくつかあります。気になる箇所に対して部分的に使用するのもいいでしょう。たるみは、化粧品を使用するだけのケアで効果を上げることが容易ではありません。超音波を利用した美顔器などもホームケア用品として販売されているので、化粧品との併用をオススメします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ