たるみ解消法!美肌・美顔イメージ

顔の筋肉を鍛えるスープレシピ

年齢とともに気になる、頬とあごまわりのたるみ。たこや根菜、こんにゃくなどかみごたえのある食材であごを使い、顔の筋肉を鍛えましょう。食がすすむ、生姜風味のみそスープです。

たこと根菜のみそスープ

材料

●ゆでだこ…120g(60g)
●れんこん…100g(50g)
●ごぼう…1/2本(1/3本)
●大根…1/4本(1/5本)
●こんにゃく…100g(50g)
●エリンギ…2本(1本)
●だし汁…3 1/2カップ(21/2カップ)
●酒…大さじ1(大さじ1/2)
●みそ…大さじ2(大さじ1)
●おろし生姜…大さじ1(大さじ1/2)
●とんぶり…適量

作り方

1.ゆでだこは3cm長さに切る。
2.れんこんは皮をむき、厚めのいちょう切りにする。ごぼうは3cm長さに切る。大根は3cm長さの太めの拍子木切りにする。こんにゃくは2cmの角切りにする。エリンギは縦半分に切り、3cm長さに切る。
3.鍋にだし汁、れんこん、ごぼう、大根、こんにゃく、工リンギ、酒を入れて火にかける。
4.根菜に火が通ったらゆでだこを加え、みそを溶き入れて、おろし、しょうがを加える。
5.盛りつけてとんぶりを飾る。

よくかんで食べましょう!

たこと根菜のみそスープ写真.jpg年齢とともにどうしてもたるんでくる、頬とあごまわり。コラーゲンが老化して肌にハリがなくなってくることも原因の一つですが、顔の筋肉の衰えが深く関係しています。頬からあごにかけては顔の中でもっとも脂肪の厚い部分なので、筋肉が弱ってくると支えきれなくなってしまうのです。やがてはフェイスライン全体や口角も下がってくるので、そのままにしておくと表情はすっかり老けてしまいます。たるみを予防するには、顔の筋肉を鍛えることが大切です。専用のグッズも売られていますが、食物繊維が豊富に入ったこのスープを食べるだけでも十分効果があります。れんこん、ごぼう、エリソギと、いずれもかみごたえがたっぷり。知らず知らずのうちに顔の筋肉が鍛えられます。かみごたえを出すために、材料はやや大きめに切りましょう。

たこには美肌を保つための栄養素が豊富に含まれる

このスープには十分なかみごたえを出すために、たこを入っています。よくかんで食べると顔の筋肉が鍛えられるだけでなく唾液の中にグルタチオンベルオキシダーゼという酵素が出てきます。これは、シミの原因の一つと言われている過酸化脂質を分解するはたらきも持っています。また、たこは良質なたんばく質をはじめ、ビタミンEや亜鉛、タウリンなど、健康な肌を保つために必要な栄養素をたくさん含んでいます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ